読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ainobeat

主に記録用

生まれ変わったファンシー・ガイ!

博多のホテルから更新。ということで雪組博多座公演観てきた。もうね…

 

博多、熱すぎ!優しすぎ!楽しすぎ!!

 

幕が開いて2日目っていうのもあるけど、お客さんがとっても温かくて拍手も手拍子もイキイキしてるの。ムラや東宝では感じられない熱気みたいなものがあって、大きな波が起きてるみたいだった。あれだったら演者も気持ちがいいだろうなぁ。

 

 

ていうかファンシー・ガイ!がめちゃくちゃ楽しいショーに生まれ変わってた!バージョンアップどころじゃなくてリボーンよリボーン。あのお披露目公演にしては鬱々とした重厚感のあるショーが明るくて楽しくて熱いものになってて、早霧さんの魅力がこれでもかってくらい見れるとても有意義なショーになってた。お歌はまだ波があるけど(小声)、それ以上にいろんなダンスを堪能できる。ファンシーガイのために博多通えるやつだよあれは。行こうか迷ってる人がいたら全力でオススメする。あれは生で観ておいた方がいい!信じられないかもしれないけど、まさかのずっと楽しいショーだよ!(失礼)

 

特筆すべきはみゆちゃんの活躍ね。大劇場版で出番が無さすぎて大ブーイングだった反動でか、今回の博多座版はたくさん出る。そして歌う。姫の宝石のようなキラキラした歌声を聴けて天にも昇る勢いよ。全体的に大人っぽい役回りなんだけど最後にはあの甘いメロンデュエダンが控えてるし、大人っぽいながらも小悪魔的な可愛らしさが感じられるから全然暗くなってない。むしろ華やかになってて、トップ娘役って凄いんだな~って実感する。

 

もちろんみゆちゃんは中詰めにも登場!(というか出てなかった今までがおかしかったんだ…)博多座版の中詰め楽しすぎな!!エルクンバンチェロ最高!!!真っ白なラテンの衣装で客席降りしてくれる早霧さんがピッカピカで神々しいったらありゃしない。今日恐れ多くもハイタッチさせていただいたんだけど、早霧さんのお手手の小ささに感動だよね。近くで見ても欠点一つない完璧なお顔も素晴らしい。この人本当に生きてるの?ってそこから考え出してしまう。(もちろん生きてる)

ここで一層輝きを放つのが生粋の花男(現専科)のみつるさん。場面替わりでラテンモードに一気に引き込んでくれる。いや、引き込んでというより押し上げられてる感覚。一人でドーンと登場するところからまずカッコいいし、そこから畳み掛けるように組子が出てきて徐々に熱が上がっていって場が整ったところでトップ様がデデーンと登場するっていう。このときのキターーー!!感がたまらない。それでまた早霧さんが\博多座ァ!盛り上がって行くぞォォォ!!!/って客席を煽るものだから思わず反応したくなっちゃうの。なんで声出しちゃいけないんだろう。

 

前回は夢乃望海コンビが担っていた場面はほぼ彩凪彩風の彩彩が担っていたんだけど、まぁ学年が学年だからまだ未熟な面が多々あるのよね。でも奮闘してるのはもちろん伝わるわけで、ここで何かを掴んで大劇場公演に繋げていってほしいと思う次第。最後の黒燕尾も彩彩仕様になってて泣ける。これからの雪組を担う(はずの)二人だから、早霧さんと三人で踊っているところを見ながら「頑張って…!」って応援してる。お芝居、ショーともに凄くいい経験になってるはず。

 

 

とりあえずこんなところかな。星影の人の感想はまた別で書く。これもまた魅力満載で深いんだ…。

とにかく5月の博多座は『星影の人』の繊細な雪組芝居に感動して『ファンシー・ガイ!』の様々な熱気に酔いしれる大満足な公演になってますよ♡(不特定多数に向けて宣伝)