読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ainobeat

主に記録用

宝塚流ジャパニーズエンターテイメント・雪組るろうに剣心

 演目発表時から話題だった今公演、私は2日目と3日目に観劇してきた。全ツが終わった頃からじわじわ高まっていて、でもまだるろ剣をやるっていう実感がイマイチ湧かなかったんだけど、稽古場映像見たらメインキャストのキャラクターの作り込み方が尋常じゃなくて、前日なんかはもう楽しみすぎて吐きそうだった(笑)

 

 で、初見の率直な感想は「何かよく分かんないけど雪組凄い!!」だった。

 

 世間的には今話題の2.5次元ミュージカルにジャンル分けされてるという印象があって、でもヅカファン目線というか単純に早霧ファンの目線だと今までと同じ感覚でいるつもりで。だからいろんなところからそれぞれの意見が出るのが怖かったんだけど、いざ自分が実際に観てみたら「これは一体何なんだろう」ってモヤモヤしたものが残った。でも確実に楽しくて満足感を得られていたからとにかく不思議な感覚だった。観ながら「これは宝塚なのかネルケなのかジャニーズなのか…」って考えが終始頭の中をぐるぐるしてて(御庭番衆の場面とかドリボかと思った(笑))、小池先生の一本物は外部のオーシャンズ11しか生で見たことない初心者でも「あ~これとかオーシャンズっぽい!」と思ったところが多々あったという点では宝塚なのかな?って感じ。

 エピソードの抜粋や演出は原作の内容と今の組の内情とのバランスを考えて忠実に再現することは不可能だろうから、それらの課題がある中では力技でもよくまとめた方で大健闘だと思う。でもちょいちょい“絶対に笑ってはいけないるろうに剣心”で(悪即斬ソングとか咲妃薫ちゃんの銀橋ソロの映像とか)、分厚い雪ファンフィルターを通しても耐えきれないところはあったのが正直なところ(笑)それすらも楽しめればどうってことないんだけど、できるなら演出変更をお願いしたい…。(小声)

 

 それぞれの役については「凄い」としか言いようがないくらいの再現度で、改めて雪組のお芝居への追求心に感動した。漫画のキャラクターを演じることに長けているのは早霧さんだけじゃなかった。そして全体的に作品への敬愛を感じられたのも雪組さんらしいなって。

 早霧さんの剣心さんは殺陣の美しさはもちろんのこと、お芝居自体がいつもどおり“生きている人”として存在してたことに感激。あの「おろ?」も浮きすぎず自然だったし、ジャンプ漫画の主人公らしい純粋さに加えて大人の包容力みたいなものがあった。あの剣心が心情を歌う、というところに若干の戸惑いはあるんだけど(笑)、それも柔軟な表現力でなんとか成立させていたと思う。常々思うんだけど、早霧さんってちょっとやそっとの違和感だったらねじ伏せてしまう不思議なオーラというかパワーみたいなものを放っていて、最終的にはストンと消化できてしまうお芝居の正確さが魅力的。今回もそれが十分に発揮されてたと思う。殺気立った抜刀斎もお茶目で優しい剣心も凄い説得力だった。いつ観に行ってもあのクオリティの剣心が存在しているなら「剣心に会いに行きたい!」って思う層がいても納得。

  

 あと大興奮だったのがフィナーレ。日本物の一本物ってことでフィナーレはどうなるのか不安と期待でいっぱいだったけど、これまた上手くまとめてきたと思う。まずは小池作品恒例の2番手さんの銀橋ソロ。望海さんの超絶上手いお歌で一気にタカラヅカの世界へ引き戻してくれた感覚だった。

 そして群舞。幕が開いたら早霧さんが大階段のど真ん中に腰かけてスタンバイしてる…?!かかか、かっこいい…!!そこに平和を願う穏やかな剣心の面影は全くなく、ひたすらサディスティックな早霧せいなさんだった。今までのショーを見ていて、早霧さんは娘役より男役に囲まれて踊る方が魅力が増すと思っていたけど、今回娘役さんたち(いろんな意味で強い上級生雪娘)と踊ってるのを見て新たな魅力発見で、せしる姐さんとのデュエットダンスも素敵だったな。美の暴力でしかなかったけど。衣装も所々に和のテイストを入れていて綺麗だった。

 お待ちかねのデュエットダンスは、群舞から髪型を変えてきてまさかの前髪ありスタイルなんとも現代的なお姿に思わずファッ?!?!って全身の毛穴が開いた(笑)衣装はシックな黒でアダルト路線。振り付けもアダルトながら「そう!それ!」っていうポイントをしっかりと押さえていて、まぁ言ってしまえば今回もキスシーンがあるってことなんだけど(笑)お芝居がピュアだったぶん、コンビ間の情熱的な一面はここで堪能できる。しかも早霧さんが迫る→みゆちゃんが笑顔で払う→みゆちゃんからキスをするという流れで、これをあのお花畑の住人ちぎみゆにさせた振付の先生凄いなって。歴代のちぎみゆデュエットダンスから考えたら時間の経過と共にどんどんみゆちゃんが優位になっていってて、それがコンビの成長にも感じられて毎回楽しみなんだよね。このデュエットダンスで新規ファン掴めそう(笑)

 パレードの衣装は賛否両論あるみたいだけど私は大好き!!ちょっとジャニーズっぽさもあるのか、凄くかっこいいと思う。もちろんみゆちゃんの衣装も好き♡シャンシャンはそこまで突飛ではなく一安心ってところかな(笑)

 今回はヅカファン以外のお客さんも多いだろうから、少しでも興味を持ってもらえるようにTHEタカラヅカを見せるだけではなくて、その繋ぎとして現代的な要素も入れてるのかなって印象だった。ガチガチに固めてこないあたりはきちんと演目の特性を理解して狙ってる顧客層もハッキリしていて潔いと思う。これで雪組に興味を持ってもらえれば、これからチケットを手配して年内にもう一度雪組の大劇場公演を見れる機会があるのがありがたい。安易に漫画原作に手を出してるわけではないことが分かっただけでも嬉しいし、それを早霧体制の雪組が任されたことの重要性と今回の公演に賭けるものの大きさを実感して「頑張れ雪組!」って思う。

 

 まだ自分の中でも消化しきれてない部分があるのが本音だけど、1回目よりも2回目の方が気楽観れて格段に楽しめたから、チケット難で大変だけど出来るなら2回以上観てほしい!2回目は見える世界が全然違うから!私も早くもう一度剣心さんに会いたいです♡♡♡