読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ainobeat

主に記録用

トリデンテLIVE TOUR2015 ~ラ・エスメラルダ~

タイトルはいつも仲良くしていただいてるフォロワーさんから勝手に拝借しました。(これが会話の中で普通に出てくる彼女天才)(そして勝手に拝借してごめんなさい)

 

というわけで、

雪組さん全国ツアー公演お疲れ様でしたー♡

 

 予習ゼロで入った梅田では「これ複数回入るのキツいかな…」って思ってたけど、初めての会場で顔馴染みの雪担に会って観劇するっていういつもとは違う体験がとにかく楽しくて、ツアー遠征の醍醐味を味わいながら過ごしてたらあっという間に千穐楽が来たって感じ。お芝居とショーのテンションの落差に関しては星逢で切り替えの術を身につけてたみたいで特に問題はなかった。(こうやって少しずつヅカファンスキルが上がっていく…)

 

 コルドバは何度か見ていると「これってどういうこと…?」って感じる場面がちょこちょこ出てきて、でもそれについて考えるほど私の頭はよくできてないから結局流してしまってる部分が多かったかもしれない。単純に「この人のここがいい!」とか「ここの場面が好き!」とかっていう見方しかできなかった気がするなぁ。ヅカファンになって1年経ったけど基本スタンスがDon't Think Feelなのは変わらず。こんな感性が幼くて学も乏しい私でも楽しめるんだからタカラヅカって凄いよね!(???)

 エリオさんな早霧さんはとにかく真っ直ぐでひたすら情熱的な人だった。闘牛への熱量が高くて、まるで部活のキャプテンみたいだった(笑)あと前から好きな作品って言ってただけあって、全体的に作品への敬愛が込められてるのがなんだか新鮮だった。本人は型に嵌まるタイプの男役さんではないのに意外と好みがオールド系で、その辺りのギャップは見てても不思議な感覚。

 柴田先生の作品は『星影の人』に続いて2作目。共通して感じたのはセリフの「なるほどそう来るか!」っていう言葉のチョイスと、プロローグや劇中のパフォーマンス部分(こういうの何て言うのか分からない…)の美しさ。セリフだったら例えば、物語の中で最も重要なあの場面で救いようのない絶望の中にいるエリオが言う「もしエバに俺と同じ嘆きを味あわせたら…」っていうセリフ。ここで出てくる“嘆き”ってワードに初見はハッとした。悲しみでも苦しみでも絶望でもなく“嘆き”なんだっていう。こういうちょっとした言葉選びが絶妙で味わい深いのが魅力的。全ツキャストは上級生で固めたぶん、お芝居の見応えは十分にあったんじゃないかなぁ。新規取り込みの本気を見たって感じ(笑)

 

 さて、次はラの話をするよ。タイトル見ても分かるとおり、今回はラについて思うことがたくさんある。まず言いたいのはジャニコンすぎる。

 大劇場時は勝手にあの場面を銀橋トリデンテショー”って呼んでたんだけど、全ツでは急に「いやぁ~…やってきました!○○~!」って始まったかと思えば、カタコトな方言でのご当地トークに発展して、最終的に振り付け指導が始まるっていう。思わず「あれ?これコンサートMC…?」ってなった。早霧さんも早霧さんで、客席に振りをやらせながらいい感じに盛り上げてその勢いのまま「オッケェェェ!トリッデンッテェェェェェェ!」って持っていくもんだから、早霧さんのことを半分ジャニーズだと思ってる私には謎の興奮と感動がこみ上げてきた。もちろんこの場面以外も客席降りとかがあったから普通に客席から\キャー!!/って声が聞こえてきて面白かった(笑)歌詞も振り付けも覚えてしまうくらい見慣れたショーだけど、全ツ仕様で所々変わってたり個々のファンサが多くなってたりで毎回新鮮に全力で楽しませてもらった♡

 千穐楽はまさにコンサートツアーのオーラスって感じで大盛り上がり。終演後の通常の挨拶を入れて3回のカテコがあったんだけど、それでも鳴りやまないスタオベ(終演のアナウンスが流れてるなかの)に応えて急きょ早霧さんだけ緞帳前に出てきてくれて4回目のカテコ。そして全国ツアーだからと封印していた\絆!絆!/を最後にようやく解禁してくれた♡またこの流れがドラマティックで、ここでも新規は感激してしまったよ。

 出てきてくれたはいいけどこの場をどうやって締めるかは探り探りな雰囲気で、そうしたらお客さん数名が「絆!」ってアレを所望して(笑)客席全体もおねだりの大拍手で、それに押されてやっと早霧さんが折れてくれたっていう流れだった。客席の拍手に押されて「全国ツアーだけどやっちゃいますか!」って言った早霧さんは、いかにもオーラスのトリプルアンコ終わっても帰らないファンにツアーTで出てきて「最後にもう1曲やっちゃうか!」って言うジャニーズの人だった。またこのときの早霧さんの「仕方ないなぁ…(笑)」っていう感じがたまらなく好きだった。本当こういうところ真面目ですよね…。(まぁ客席のスタオベは明らかなる“絆待ち”だったから、やらないと終われないっていう無言の圧力があったけど(笑))

 

 こんな経験はコンサートでしかできないと思ってたから終演後はなんだかもう胸がいっぱいで、雪組が!早霧さんが!好き!!っていう感情しかなかった。改めて早霧さんのファンになれてよかった、1年前の自分は間違ってなかったなって思えた公演だった。私はこれが年内観劇納めだったけど、最後をこんなにも愛でいっぱいの空間で過ごせて幸せだった♡2016年も全力でついていきますね♡♡