読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ainobeat

主に記録用

雪組 ルパン三世 ー王妃の首飾りを追え!- 1/24

宝塚大劇場  開演:11:00、15:00

 

 

ということで今月二度目のムラ遠征してきた♡3週間のブランクはあったけど前回観てツボだったところとか連日のレポで気になっていたところを時間が経ってもう一度確認できて凄く楽しめた。なにより前回観たものより更にパワーアップしていてその違いが一番面白かったかな。天下の宝塚でも公演を重ねるごとに成長していく余地があるんだっていう発見と演者の皆さんのポテンシャルの高さに感激した。

 

ルパンさんは今回もとーってもかっこよかった♡セリフも展開も分かってるからもっと余裕をもって観た方がいいんだろうけど毎回新鮮にあの活躍劇に大興奮してる(笑)ルパンってあの喋り方だし何考えてるか分からないくらいなかなか心の内を表面に出したりしないんだけど、宝塚のルパン(早霧さんのルパン)は時に情熱的で時に穏やかで優しくて…っていうとても人間味がある温かい人物像な気がする。(早霧さん自身がそういう方な印象だから余計に役とリンクする)自分は泥棒で犯罪を犯してるのにも関わらず、マリーちゃんが罪を犯していないのに処刑されてしまう理不尽さに納得がいかず助けようとする正義の心も持ってるし。でももう一度言うけどルパン自身は犯罪者だからね(笑)けどそのギャップが粋だな~って思う。 

ルパンの温かさが感じられる場面は前回も感激したパリデートでマリーちゃんの風刺劇を本人が見てしまってそれを気遣う表情(それまでのイチャイチャぶりから一転しての表情)とか、その後王宮の寝室でマリーちゃんをベッドに寝かせてからマリアの涙を盗んで立ち去るまでの表情。どちらもセリフは無いんだけど(後者は歌に続くけど)逆にそれが宝塚ならではの男性像を強調しつつもキザになりすぎないルパン像を保っていて最高にかっこいい。もうね、このときの表情が胸がきゅーっとなるくらい切ないのよ。そもそも生きてる時代が違うからルパンたちは現代に戻れればいいわけでマリーちゃんの最期なんて無関係なはずなのに、それでも助けようと思う心理って憐れみが主だったりするのかなって思うんだけど(あとは女好きっていう理由(笑))、それがあの表情から伝わるのがさすが早霧さんだなと。早霧さんのお芝居って見た目の涼やかさに反して内面が凄く熱くてそれが全身から滲み出てしまうところが魅力の一つにあると思っていて、でもそれがルパンではどちらかというと開放的だからあまり内に秘めるっていう表現はしないんだけど、要所要所でピンポイントにその一面を垣間見れてあっ、早霧さん…♡ってなる(笑)

ルパンが粋な男だと思ったのはカリオストロさんに8年後に飛ばしてもらう前の銭形との場面。ル「無知や愚かなのと犯罪を犯すのとは違うだろ?」銭「そりゃそうだ!バカだからって逮捕していたら刑務所がいっぱいになっちまう!」ル「それだけ分かってれば大丈夫だ!」(ニュアンス)っていうやり取り。マリーちゃんの「私、何も知らなくて愚かだったかもしれないけど、罪は犯してないわ!」っていう開き直りともとれてしまう本音を知ってるルパンだからこその無茶苦茶な計画で、マリーちゃん(※史実のマリー・アントワネットではなくあくまでも作品中のマリーちゃん)の最期がおかしいと意図的ではないけど改めて強調して訴えてるから劇中でのヒーローとしての存在感が一層強まるシーンかなぁと思う。本当は凄く男前で優しいのにそれをおどけてストレートに表現しないのはあの役ならではで、宝塚の作品にしてはそれはそれで新鮮かな。

 

次にマリーちゃん。マリーちゃんは今回一番印象的だった。驚きも感動も笑いも全部みゆちゃんのマリーちゃんから貰った気がする。前回観たときはまだ二日目でどこまでやっていいのか探り探りだったように思うんだけど、今回はまぁ~随分と大胆になってて気持ちが良かった(笑)特に酔っ払いの演技が前回の比じゃないくらいぐでんぐでんで可愛さMAXだった…なんだよあの王妃様…。貴族たちの前での王妃としての振る舞いとのギャップが凄くて、常にルパンの前では好奇心旺盛で純粋な少女みたいで 飾り気がなくて、あんな姿を目の当たりにしたらそりゃあ助けたくもなるよなって。あと早霧さん曰く、この作品はマリーちゃんやカリオストロ伯爵(ジュゼッペたん)に感情移入して観るのが正解らしくてそれを聞いて安心した。実際観ていてもフランス王妃の気持ちなんて分かりっこないのに自然とマリーちゃんの気持ちになってルパンを見ていることが多くて、これが宝塚における娘役の役割か…!ってハッとした。凄いよみゆちゃん…。マリーちゃんが背負ってるものや求めてるもの、今まで見てきたことや経験してきたことがお芝居から滲み出るように伝わってきて、何て言うか、奥行きがあるお芝居だなぁとしみじみと感じた。これが月組育ちってことなんだろうか。

凄いといえばアドリブの返しもお見事!早霧さんの突拍子もないアドリブを上手く自分のセリフに織り交ぜて観客の笑いを誘うっていう流れが素晴らしくて感動したよ。みゆちゃんって早霧さんの言動にはわわわ…!////ってしてるイメージしかなかったんだけど(失礼)今回の切り返しを見てとても頼もしい娘役さんだなって再認識した。単純に繰り出されたアクションやアクセントを取り入れるパターンもあれば、今回私が見たような、そのワード自体を笑いのポイントとして拾って高笑いの間に入れるパターンとか、特にアドリブを取り入れず普段よりも大袈裟に高笑いをして返すっていうパターンもあった。ちなみに後者のやつは早霧さんが、今回はアクションを入れないな、というのを感じ取ってセリフを続けたことが素晴らしいコンビネーションで大興奮だった。アドリブは早霧さんがその日の客席の様子を察して判断してるっていうのは聞いていたけど、それがコンビ間でもしっかり構築されていることに感動した。どこまで事前に打ち合わせてるのかは分からないけど、あれだけ機転が利く様子を見ていると、みゆちゃんならどんな変化球を投げても必ず打ち返してくれる安心感があるよなぁって。早霧さんが自由にのびのびお芝居できるのもみゆちゃんのおかげなのかもしれないなぁ…くらいまで思った。とても素敵なコンビ♡

 

主演二人の印象が強過ぎたからあとはサラッと…

 

まず銭形警部。相変わらず大きな声と長い足を存分に活用してそれはそれは輝いてた。圧巻。圧巻すぎて一方的に銭形劇場を見せられてる感覚になる(笑)一つ一つの場面でのインパクトが強すぎてそこまで多くないはずなのに胸やけするくらい濃いものが残るもん(笑)銭形の私的名場面はタイムスリップしてから一人ルパンの名前を呼ぶ場面ね。あの心細さと哀愁が何とも言えない面白さ。面白いって言っていいのかアレだけど(笑)夢乃ワールドにもっていくパワフルさと抜かりないお芝居はさすがの一言。

 

カリオストロさん、もうジュゼッペたんでいいか。ジュゼッペたんは日に日に可愛くなるよね(笑)あの風貌なのに不憫な思いばっかりで可哀想だけど本当可愛い(笑)それでいてセラフィーナちゃんにはツンデレ全開で、ちょっと萌えキャラの要素が詰まりすぎてて愛しいよ。花組の望海さんはSキャラだと思っていたのに雪組に来たら早霧さんや月城さんにまでやられてくぅ~!><ってなってるっていう背景も含めて愛しい。

 

不二子ちゃん。不二子ちゃんはピンポイントになっちゃうけど、終盤のアクションシーンでピストルを構える後ろ姿が大好き。ちょっとお尻を突き出して女性らしいラインを維持しつつバシッと銃を向ける凛々しさたるや…!ふ、ふじこちゃん…!!って、その場面はルパンさんもいるのに思わず不二子ちゃんに見惚れちゃう♡稽古場レポートでともみんさんが言っていたように常にあっはん♡うっふん♡してるせしる姐さんハマリ役すぎる。

 

五ェ門さん。五エ門さんは基本的にセリフが少ないから双眼鏡で表情を確認しなきゃ分からないことが多いんだけど、それでも目を瞑って独自の世界に入ってることが多いから本当大変(笑)でもキュンとしたのがジャンヌとレトーに連れられてロアン枢機卿を騙しに行く場面。上手く誘いに乗せてガッツポーズするジャンヌとレトーに少し遅れて不思議そうな表情でさりげなくガッツポーズをしてその後!捌ける直前に「ふふふ♡」って微笑むの!急に感情出てきた!って毎回そこでやられる(笑)

 

次元さん。次元さんで一番感激したのは、これも最後のアクションシーンになっちゃうんだけど、不二子が敵に捕らえられて連れていかれていく反対側でマリーちゃん一家が敵の兵隊たちに襲われそうになってる場面。この場面、最初私は双眼鏡でルパンさんロックオンしてたから周りで何が起きてるのか分からなくて(ジャニの現場でよくあるやつ)何をそんなにキョロキョロして迷ってるんだろうって不思議に思ってたんだけど、あれってどっちの女を助けるかで迷ってたのね。それで結果的には不二子を選ぶんだけど、その理由が、次元が「こっちはいいからお前はあっちへ行け!」って手で合図してるんだよね。声には出してないから本当サイレントのお芝居でそのやり取りがあって、このときに“ルパンの相棒”っていうことを強く感じた。

 

ちょっと話それるけど、私アヴァンチュリエが大好きで、中でも次元と五エ門が歌っているときのルパンが、お互いのことをよく分かってる仲間たち(次元と五エ門)が甘い誘惑でジュゼッペたんを落としにかかってるのを「いいぞいいぞ…♡」ってニヒヒ顔で聞いてるっていう。目立った見所ではないんだけどね。結局主役で一番目立つのはルパンだからそこまでチームとしての描かれ方はされてない印象なんだけど、このときの表情を見てたらやっぱりこの3人はチームで絶対的な仲間なんだなって感じられる。

  

他にも見所やツボはたくさんあったけど、特に印象に残ったところを書いたつもりだけどまだ抜けてるところが多々ある気がする。本当いろん要素が詰まってて目が足りないし記憶力も追いつかないよ…!次は東宝の二日目で、あと1ヶ月もお預けだなんて絶対ルパンロスになるなぁ…(泣)

皆さん大劇場千穐楽までケガなく頑張ってください♡早霧さん大好きです♡(突然の告白)