読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ainobeat

主に記録用

オーシャンズ11 10/25

梅田芸術劇場  11:15開場/12:00開演

 

前日よりもガッツリ前髪を分けてて雰囲気が全然違う。

 

モロイ兄弟のシーン

 歌うときの表情が豊かで、不思議そうに疑ってるような表情からニパァ~っと笑う表情への変化が可愛らしい。

 

作戦会議

エルチョクロに入ってくるとき、兄が両手でダブルピースをして入ってくる(笑)それをカメラで撮る弟。コンビ芸をやってイスに座るやいなや兄がウトウトと居眠りしはじめてラスティに怒られる。

「1億5千万ドル」と聞いて二人して指を折って何かを数え始める。そして何かに驚いたような表情で顔を見合わせる。

ソールおじさんの話に合わせて屋上を見上げる。その後みんなで笑う場面ではフランク兄さんに腕をパシンと叩かれて仲良さそうに一緒にニコニコと笑う。

 

JUMP!

若手3人でライナスをワシャワシャする前、準備運動のよう片方の手でもう片方の手首を持ってぶるぶると振ってほぐす(笑)ライナスの笑顔が凄い。

 

役割発表

ライナスが重要な金庫潜入係になってふてくされて後ろ向きのまま下手に下がるとき、勢いあまってセットを踏み外して一つ下の段に落ちてしまう。驚いてピクッと動く弟。

 

演技指導

担当はリヴィングストンだけどこの日はバシャーの誕生日ということでサプライズでハッピーバースデーを大合唱。(本番前にケーキ出してお祝いしてもらっていたから不意打ちのサプライズだったらしい)歌の最中にラスティが上手袖に一度捌けてまた戻ってくる。歌が終わるとプレゼントを出すかのように何かを渡す。「これ…そこにあった両面テープ」(笑)(笑)(笑)

 

ボディーガード

今日もジュエルズの緑のお姉さんとお兄さんにスロットを勧められる。

ボディーガードは金庫室に入れないと聞いてグッと動いてしまう二人をソールおじさんが腕で制止する場面、弟の方の腕(というか手)がお腹にあたっててなぜかその手を撫でるように触れる弟(笑)

ジュエルズのピンクのお姉さんに吹っ飛ばされたあと、お姉さんを追いかけて後ろからパンチしようとする。そして敵のボディーガードのお兄さんに向かってファイティングポーズをして威嚇したまま捌ける。

 

電話を盗聴するシーンのライナス、お芝居のなかであくびをするも本気のあくびだったのか目が涙目になってるライナス。

 

外側の胸ポケットからドル札を取り出して黄緑ドレスのお姉さんと紫ドレスのお姉さんの前で扇子のように広げてヒラヒラさせたあとそのお金を握らせて「(しっし!)」と手を払うようにして散らせる。

 

ジョンソン先生

今日のジョンソン先生は小さいスケボー(ペニー?)に四つん這いになって乗りながら滑って登場(笑)兄弟は前日もつけていた青と緑の光るリボンを首から下げて蝶ネクタイ風にしてる。弟はマスクの位置が高くて(あごが全部見えるくらい)それも面白い(笑)ジョンソン先生がベネディクトさんに「〇〇は△△とカッパ、どっち?」という二択クイズを出し続けて去っていく(笑)(ジ「私は医者、カッパ、どっち?」ベ「医者」→ブーという不正解音、みたいな(笑))ちなみに秘書さんの表現は「自分をカッパだと言い張っていたジョンソンという医者」

 

ダニーとライナスのワイヤーアクション

通常なら紐を引けば正面で体勢が固定されるのに紐を引いてもくるくると横回転が止まらないライナス。ダニーとの掛け合いも回り続けて止まらないから、最後「何でずっと回ってんの?」というアドリブを挟んで笑いを取る。

 

ダニーを探すシーン

敵のお兄さんにおんぶされて一通りお客さんを煽ったあと、降りてから「こっちだよーだ☆」と挑発してからステージに逃げ戻っていく兄。

 

ダニーとテスのシーン

破り捨てられた離婚届をダイレクトにキャッチしようとするも取れない弟とリヴィングストン。弟はそれも慣れた感じで特に変化なかったけど、リヴィングストンは悔しがる表情(笑)

最後は2つとも弟がパパッと取って「(うっひっひ♡)」という少し憎たらしい笑顔を兄にしてダダダっと捌ける。そのあとを「(こらー!)」という感じで兄が追いかけて捌ける。

 

オーシャンズ10

衣装の黄緑のシャツがべろーんと全部出てる(笑)後ろも前も全部出てる(笑)めっちゃカッコよく踊ってるけど衣装着れてない萩ちゃんが出てきちゃう(笑)

 

カテコ

幕が下りる直前、紳士的なお辞儀(バロンみたいな)をする。そしてそのまま終演。