読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ainobeat

主に記録用

雑誌メモ (2014.4.7 謎4対談)

Wink up/2014年5月号

 

萩谷「そういえば俺もいつの間にか『美勇人』って呼び捨てで呼んでるなぁ」

森田「全然呼び捨てで構わないって。今、なんか先輩風に扱われてるけど、多分この中で俺が一番イジられてるし(笑)」

安井「でも俺は美勇人が羨ましいよ。俺っていくら仲良くなっても大体『安井くん』なんだもん」

萩谷「俺は慎太郎が『やっすー』って呼んでたから俺もマネして『やっすー』って呼びはじめたけど、大体のJr.からは『安井くん』って呼ばれてるよね」

森田「俺も『やっすー』」

諸星「ダメだ~。俺はいまだに『安井くん』だ。でもたまに勇気出して『謙ちゃん』って呼んだりもしてるよ」

安井「気づいてる。すごく嬉しいのそれ」

諸星「その場のテンションが高いとき限定なんだけど(笑)」

萩谷「調子乗れるタイミングなんだ(笑)」

安井「モロ、俺のこと『謙ちゃん』って呼んだあと、必ず様子伺ってくる(笑)いいよ、いつでも『謙ちゃん』で」

諸星「やった!よし、頑張る!」

 

萩谷「でも美勇人が後輩から好かれるのってなんか分かる。昔、まだ別のユニットだった頃、美勇人が『今日から敬語なしね』とか言ってくれてすごく嬉しかった思い出があるな

諸星「安井くんもそういう慕われるところあると思うけど」

萩谷「うん、そうだね。俺も小さい頃やっすーと美勇人は接しやすかった

安井「俺ってどっちかなんだよな。怖がられるか懐かれるか。そういえば俺、小さい萩ちゃんのことめっちゃ可愛がってたなぁ」

萩谷「覚えてるよ。俺に初めて振り付けを教えてくれた人が美勇人で、その次がやっすーだったもん

森田「へぇ~、そうだったんだ」

安井「俺が高校生で、萩ちゃんはまだ小学生でさ。めちゃめちゃ可愛かったんだよ。初めての弟…みたいな感覚で

森田「俺のことを可愛がってくれたのはフッカだったな。振り付けとか教えてくれて」

 

(昨年のクリエの話)

萩谷「たしかに一体感はあったよね」

森田「そう。アイコンタクトでフォローしあったり、サポートしあおうっていう目に見えない結束感っていうの?それがヒシヒシ伝わってきたんだよ」

 

森田「でもあの公演は多分一生忘れないだろうな。自分たちメインって初めての経験だったし、いろんな勉強になった」

安井「絆が深まったもんね。今はいろんなメンバーと組んでやってるけど、またこんな風に大きな体験をして、少しずつ成長していけたらいいよね!」

 

 

 

♦duet/2014年5月号

萩谷「俺ね、諸星はカッコいいと思う。男としての器がデカイ!!

安井「確かに普段はイジられキャラだけど、何をどう言われても全部受け止める包容力があるな」

森田「それに不器用なところが逆に信用できるっていうか」

諸星「褒められ慣れてないからなんか怖いんだけど?(苦笑)」

 

萩谷「それから美勇人は、自分のことよりみんなのことを思って行動するところがスゴイ

諸星「優しいんだよ、人として」

安井「優しすぎるくらいだね」

諸星「で、安井くんはね、しっかりしてて、俺らがピンチのときにパパッと機転を利かせてくれるし、頼れるお兄ちゃん的存在」

萩谷「すげー安心感ある。それでこっちは頼りすぎちゃうんだけど

森田「いざってとき絶対助けてくれるもんな」

 

諸星「次、萩ちゃんは超マジメ。楽屋とかで結構ダル絡みしてくるけど、それも可愛いし

安井「あと意外と男らしい

森田「行動力あるよ

 

諸星「安井くんの直してほしいとこ。ある?」

森田「結構ムチャぶりが多いんだよ…と被害者は語る(笑)」

萩谷「鬼のムチャぶりね」

(略)

諸星「安井くんは楽屋でいきなり『なんか面白いことして~』ってくるから困る!」

安井「楽しく過ごしたいし、諸星がヒマそうにしてるから、つい」

萩谷「王様だ、王様!」

(略)

安井「みんなが楽しくなるように言ってるのに、そんな言われ方は不本意だわ~。でも萩ちゃんにはそういう汚れ仕事はさせないよ

諸星&森田「確かに汚れ仕事は俺ら二人でやらされてる(笑)」

萩谷「あ、でも俺、たまに自分から汚れに行くからさ~」

諸星「確かに変なとこで急にスイッチ入るよね。いきなりふざけだして、こっちがちょっと冷たい対応するとプンプンするし

安井「それで『え、萩ちゃん、ごめんな~』って俺らが謝る

森田「意外と短気」

安井「そう。たまに朝イチから怒ってるときがあってさ、3人で『どうする?』って密談してんだよ

諸星『俺、無理!』

森田『俺も無理っす』

安井「『じゃあ俺が…(恐る恐る)萩ちゃん、おはよう』。だから一番王様なのは萩ちゃん!

森田「隠れ王様。裏番長!(笑)

萩谷「それ気づいてなかったわ。本当空気読めないの。俺の直した方がいいとこ、これだね」

安井森田諸星「「「(笑)」」」

萩谷「それよりさ、“モテる男になる計画”はどうなったの?」

森田「大丈夫、萩ちゃんはクールだし、モテ要素ばっかだよ

安井「声も渋いしな

諸星「顔もカッコいい

萩谷「美勇人もモテオーラあるよ」