読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ainobeat

主に記録用

ジャニーズ銀座 5/11昼

シアタークリエ 12:30開場/13:00開演

 

 

<スキすぎて>

イントロの煽りに夢中で立ち位置(縦横3列隊形の最後列)に戻るのが一人だけ遅れて、位置についたときは同列両隣の大我と慎太郎に笑われる。

 

「大好き!いや、愛してるーーーーーーーーーーー!!♡」

 

 

 

<モロササイズ>

モロさん登場の第一声「おはよー!!」

モロさんが階段を降りてくるときに手を差し出してエスコート。階段を降りきると「いい子だねぇ~♡」と頭を撫でながら褒められてニコニコ。

 

モロササイズ復活に歓喜してから時間が止まって解説の件、変わらず大我に全身を使って抱き着く。大我は萩谷のお尻を両モモに乗せて体勢を保ってる模様。

件が終わるとこれまた二人揃って床にドーンと倒れ込む。立ち上がってからも膝あたりをさする大我と清々しい顔でニコニコしている萩谷の対比。

 

モロササイズレクチャー時、変顔のパートで両隣の大我と安井の変顔具合を覗き込んでチェック。楽しそう。

 

 

 

<MC:仕分けコーナー>

コーナー振りのジングルで一緒にノリノリ(横揺れな感じ)でダンスする京萩。

 

仕分け人は野澤で、お題は“泣き虫、泣き虫じゃない”

客席からのブーイングに「何だよ文句あんのか?」※ガチトーン

野澤「萩ちゃんは…」で萩ちゃん呼び発覚。

 

「遅刻する人と遅刻しない人」という回答から「萩ちゃん今日遅刻したんだよ~!w」と、両隣の大我と樹にケラケラ笑われて容赦なく指をさされながら暴露される。

突然の暴露に焦りながらも「違うんだよ!電車の電気が割れて車両点検してたんだよ!!」と、嘘か本当か分かりづらい言い訳を必死に主張。

するとMC安井から「萩ちゃん大丈夫だよ。あれ2分だからセーフだよ」という愛のあるフォロー。

 

一番最初に大我を仕分けるときに「君この前泣いたよね?」と答えを言ってしまった失態についての話になるとホワイトボードの後ろに逃げて隠れる野澤。そしてそれを挟み撃ちで追いかける萩諸。最終的に前後を諸星と萩谷に挟まれてトボトボ歩いて出てくる野澤。

 

 

2回戦の仕分け人は諸星で、お題は“仕分け人のことが好きそう、嫌いそう”

 

好きそう=萩谷、慎太郎、樹、髙地

嫌いそう=大我、北斗、野澤、安井

諸星に「萩ちゃんこっち♡」と、1番最初に選ばれて“好きそう”に仕分けられる。

 

 

ガムシャラ!でどんな企画をやってみたいかというトークで髙地が「舞祭組がやってた無人島0円生活」を提案する。

安井「無人島なら萩ちゃん連れてかないと」

一同 \あ~~~~~~~~/

?①「海潜れるからね」

?②「ドラムも叩けるしね」

萩谷「娯楽として?」

樹「娯楽って久々聞いたなw」→萩谷ニコニコ♡

 

 

MC明けの懐古メドレーのスタンバイで、ヘッドセットのコードが衣装に絡まって?なかなか装着できない髙地を後ろからフォロー。かなり長い間手伝う。

 

 

 

<Lucky Man>

秋葉ファッションでズボンを靴下の中に入れて登場してくるが、下手のハニーに振られる件のあたりから元に戻ってしまう。

 

曲後のワチャワチャタイム。

「カ~メ~ハ~メ~波ぁーーーー!!!」

萩諸「「うわぁ~~~~~~!!」」※吹っ飛ばされる

 

制止の声を無視してひたすらふざけ続ける3人に「聞けーーーーー!!!」と叫ぶ安井。すると勢いをつけてハイジャンの様に後ろに吹っ飛ぶ。3人が捌けた後、

安井「萩ちゃんが壊れた………」※衝撃で呆然とした声と表情

 

 

 

<懐古メドレー後のトークタイム>

野澤「萩ちゃんが衝撃的だったw」

樹「リハーサルも率先してやってるの」

 

 

この瞬間、きっと夢じゃない

センターですれ違いざまにお互いの手をタッチする京萩の白衣装シンメ。

 

 

<REAL DX>

多分一番のピーク。