読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ainobeat

主に記録用

劇場版BAD BOYS J舞台挨拶 11/10川崎 17:20上映前回

なんか黒スーツの萩ちゃんがカッコよすぎてぽわぽわしてたからあんまり覚えてないよーーーーーー

 

萩安は安定の萩ちゃんにゲロ甘過保護なやっすーの図だったけど、それより萩みゅだよ!!萩ちゃんの「みゅーと」呼びが2回も聞けた…!!

 

可愛いとカッコいいの狭間で悩む萩ちゃん><お客さんに挙手でアンケートとって満足した萩ちゃん><そんな萩ちゃんに可愛い以外の形容詞があるわけがない><

 

 

 

司会の人が質問を振るとはっしーがメンバーにそれを振るっていう二段階制になってたんだけどw、2回くらい萩ちゃんに最初に振って、でも萩ちゃんがまだ思いつかなくて先にしめちゃんかやっすーが話してくれてるときも萩ちゃんが一生懸命考えてる顔をしながら考えてたのが健気で泣いた。

喋るときはいつもと同じ感じだったんだけど、瞬間的にズボンのポッケに手を全部突っ込んだり親指だけ引っ掛けてたりして立ってた。でもずっとその体勢でいるわけじゃなくて、すぐいつもの片方だけ腕組みしてるみたいなポーズとか応援団みたいに手をに後ろに回したりして結構動いてたw

 

劇中の白スーツも素敵だけど黒スーツが本当によく似合ってて細いタイもよく似合ってた。

はっしーが萩ちゃんのお肌を“とぅるんとぅるん”って絶賛してた♡よっ美肌♡

 

気になったのが、癖なのか知らないけど萩ちゃんよく人のこと指差すね。しめちゃんにもやっすーにもしてた。別にいいんだけど教育的には“人のことは指差すな”って言うよね。

 

 

 

はっしーって甘えん坊なイメージだったけど隣の萩ちゃんと絡んでるときはお兄ちゃんでやっぱり甘かったのがビックリした。というか会場全体が萩ちゃんを可愛い可愛いって愛でてた。しめちゃんには女子的な意味の可愛いだけど、萩ちゃんには息子的な意味の可愛いだった気がする。

萩ちゃんがよくはっしーに台本を見せてたって件から、はっしーが「萩ちゃんは真面目だからいつも台本を持ってる、頭がいいんですよ」って褒めてそしたら萩ちゃんは「頭がいいとかじゃなくて(自分が)心配で…」って萩ちゃんの口から“頭がいい”って聞けたのが個人的にかなり高まった。

 

 

 

萩ちゃんの「やっすー」呼びも久しぶりに生で聞いたけど会話の中だと「やっすー」と「やす」の間の「やっす」って感じだからそりゃあ記者さんも“ヤス”って書くよなーって。

萩安厨的には、萩ちゃんが喋ってるときにやっすーが「ぷはぁww」って吹き出して笑ってたとかそんなんかなぁ。内容は覚えてないけど…

 

エデンのアクションチームの人と一緒にダイビング行くまでの仲になった萩ちゃんはコミュニケーション能力が高いって件で、萩ちゃんが「橋本くんもこにゅみけーしょんのう…何だっけ?w」ってなったらやっすー(多分)が「コミュ力ね♡」って助け船を出してくれた。はい萩ちゃんに甘いねー。

カズ役をやるには前髪を上げなきゃいけないけど俺たち(橋安)雰囲気イケメンは前髪上げれないから萩ちゃんだけだよって件、私のメモには「萩ちゃんだけだよ♡」って書いてあるから多分ここでも萩ちゃんに甘かったんだと思う。

 

萩ちゃんの中でやっすーが“よく一緒に仕事をしてる人”っていう位置づけだったことについてはじっくり考えていきたい。

 

 

 

参考になるか分からないけどこの他に語尾にハートが書いてあるメモは、ポッキーゲームの萩ちゃんの感想の「ときめきました♡」と、はっしーの「萩ちゃん肌きれい、とぅるんとぅるん♡」と、今日の衣装がキスマイのレジスタンスみたいって言ったやっすーに対しての萩ちゃんの「ずっと言ってたよね♡」。

あ、あと萩ちゃんがケンティに言われたっていう「萩ちゃんって可愛くない?♡」もあった。ていうかケンティは萩ちゃんって呼ぶのか。

 

 

 

最後の挨拶(ニュアンス)→「ドラマとか映画版をやらせてもらって演技に興味が出て、演技に対する意欲が湧いたので、仕事が来るように頑張ります。」
“映画版”と“仕事が来るように”って表現が印象的だった。

 

あと印象的といえば、はっしーが最後の挨拶で「この映画は誰にも負けたくないのが本音で…」って話したときに隣の萩ちゃんが大きく頷いたのも印象に残った。可愛いけどこの子やっぱり若き獅子だわ。

 

 

 

映画は最初皆さん静かに(堪えて)見てらしたけどヒロさんがブサイクって言われたり敵に足つった芸を披露したあたりから徐々にヒートアップして最後の方では全体的に笑いが起きるくらいになってたからさすがナイツ担の会場だな~って。皆さんヒロさんが好きですよね♡

クリエのときも思ったけど、たくさんいるJr.の中から同じ人たちのことが好きな人で埋まる客席って本当に幸せ。独特の雰囲気があるしみんな目的が同じだから異様な一体感がある。